過払い金請求をする際の注意点について

過払い金請求をする際の注意点とは

過払い金請求をする際には、覚悟しておかなければいけない注意点があります。まず、ブラックリストに載ってしまうことを理解しておく必要があります。別に、ブラックリストというものがあるわけではなく、信用情報機関に金融事故があったと登録されてしまうことです。これに登録されてしまうと、5年程度は借入れやローンなどを組むことが難しくなってしまいます。次にクレジットカードやローンカードが以後、使えなくなってしまいます。過払い金請求をするとクレジットカードローンカードが、多くの業者で解約扱いとされてしまいますので注意してください。さらに、過払い金請求をした金融機関の系列から借入れができなくなります。結果、その金融機関からは新たな借入れが出来なくなりますし今後はローンも組むのも難しくなるので、過払い金請求をするのにはある程度の覚悟が必要です。過払い金請求の注意点は過払い金が発生する場合と発生しない場合の違いを理解することが必要になります。これは一般に取引の長さを基準に考えます。ただ取引の中でどのような形でお金を借りたのか、どのような形で返済をしていたのか、その辺のところが詳しくわからないと正確には判断できません。例えば過払い金というのはもともと利息が高いところで返済していたものをいいますので、銀行で借りたお金などの利息が低い場合は何十年借りて返しているという事を繰り返していても過払い金は発生しません。この事は注意が必要になります。

合わせて読んでおきたい記事

  • 引き直し計算を無料で調査してくれる事務所
  • ↑ PAGE TOP