過払い金返還請求をするのに必要な手数料

過払い金請求の手続きや代行依頼にかかる手数料

過払い金請求は自分自身で手続きをしても、弁護士や司法書士に依頼をして手続きをしても手続き自体には切手代や収入印紙代など手数料がかかります。また、裁判まで持ち込むのかどうかによって手数料は変わります。

過払い金を満額回収しようとすれば裁判になる事がほとんどなので手数料は増えますね。また裁判の場合、訴状金額によっても手数料は変わってきます。あと書類だけで見通しがちになってしまうのが交通費です。交通費がデカイととるのか小さいととるのかは人によって様々ですが、手数料の一部として覚えておきましょう。

手数料には大きく分けて2つあり、書類上必要な手数料と弁護士や司法書士への報酬です。先ほどにも挙げた通り書類上の手数料としては少額なので問題ありませんが、弁護士や司法書士への報酬が95%以上を占めると言っても過言ではありません。このページでは弁護士、司法書士への手数料=報酬を主に解説しています。

弁護士や司法書士に依頼する場合の手数料

  • 報酬
  • 過払い金請求は一般的に弁護士や司法書士など専門家に依頼しますが、個人でした場合と比べると金額には大きく差が出てしまいます。手数料として報酬がありますが、相談するだけでも手数料としてお金がかかる事務所もあります。裁判に持ち込む場合は、その分報酬が増えます。定額で決まっているところもありますが、割合で決まるところもあるのでどこの事務所が安くて高いのか判断がし辛いですよね。このサイトでは手数料や報酬など総合的に優良で人気の事務所を紹介していますのでご参考下さい。

    過払い金請求をするにあたって事務所によって手数料は全然違うことを知っていましたか? 大手も個人の事務所もほとんど同じだと思っているような方は要注意です。甘く見ていると手数料の高い事務所を選んでしまうかもしれません。そして手数料のほとんどを占めるのは成功報酬です。過払い金請求をする人の多くは手数料はなるべく安く抑えたいはずなので手数料の安い傾向がある司法書士に依頼する人が多いです。

    弁護士も司法書士もどちらの場合も過払い金の返還請求は代行出来ますが、司法書士の場合には扱う金額に制限があるので司法書士を選ぶ場合でも注意が必要です。安いからと手数料だけを考えていると後から高くつく場合もあるので気をつけておきたいですね。 扱う金額に制限はあるものの無料相談は出来るので一度問い合わせてみるのがオススメです。過払い金の調査を無料でしてくれる法律事務所があるんですが、それはサルート法律事務所というところです。39年の超凄腕の業界でも有名なベテラン弁護士が在籍しています。

    合わせて読んでおきたい記事

  • 引き直し計算を無料で調査してくれる事務所
  • ↑ PAGE TOP