過払い金返還請求する場合の計算

クレジットカード利用時の過払い金請求

クレジットカードのショッピング利用時の利息は、ほとんどの場合制限利息法の範囲内に設定されています。ただし、リボルビングでの支払いや、キャッシングサービスを利用した際は、これとは異なることが多いです。特に見落としがちなのが、リボルビングでの支払いの利率です。この利率が制限利息法の上限を上回っており、すでに支払いが完了している場合、過払い金が発生している可能性が高いので、過払い金請求が可能になります。また、キャッシングサービスにおいて利息が制限利息法を上回っている場合も、過払い金が発生している可能性があります。個人でのクレジットカードの利用であれば、いずれの場合も消滅時効は最終の取引日より10年です。クレジットカードを用いたキャッシングでも過払いが発生していれば、消費者金融での借金同様に過払い金請求を行うことが出来ます。借りた本人か依頼を受けた代理人が返還請求を行えます。代理人となれるのは、弁護士か認定司法書士です。本人のみでも返還請求を行えはしますが、引き直し計算や金融会社との任意での交渉など、困難といわざるを得ません。そうしたことから、一般的に過払い金請求は専門家に委任して行うのが良いといわれています。専門サイトの無料相談などを利用することから始めてみるのが良いでしょう。 過払い金請求中のクレジットカードの審査

合わせて読んでおきたい記事

  • 引き直し計算を無料で調査してくれる事務所
  • ↑ PAGE TOP