過払い金返還請求の期間と期限

過払い金請求ができる期間

過払い金請求は、いつまででもできるかというとそういうわけではありません。最終の取引の日から10年が経つと、時効になってしまい、請求できなくなります。最終の取引の日というのは、借りた日でも返した日でもよく、最も最近のものが最終の取引になります。なお、この取引は、一個の取引であるといえる状況でなければなりませんので、完済したあと、再度借入を受けたような場合、カードが同一などの事情があれば別ですが、前に完済した分は、別に期間計算される可能性もあります。その場合は、古い取引については10年既に経ってしまうということもあるので、いち早い手続きが必要となります。過払い金請求は返還期限があります。期間は10年で、この10年間という時効を過ぎると請求することができなくなります。これは完済してから10年経っていない限りは返還請求ができるということになります。なので、もしも自分が多く払いすぎているかもしれないと思った時にはできるだけ早く専門家に相談することが大切です。気になる過払い金請求にかかる期間はケースによってまちまちですが、早くても数か月はかかるので自分一人で解決しようとするのではなく、プロに頼む方が確実でスピーディーに交渉することができます。

過払い金請求には期限がある

お金が帰ってくる便利な制度として過払い金請求などがありますが、それは期限があったりします。もし、その期限を超えてしまうと、1円もお金が帰ってこないと言ったことにもなりかねませんので、その過払い金請求ができる権利がある人は早めに請求の準備をしておくことが望ましいです。そのため、司法書士や弁護士さんと相談していつでも、その請求ができるようにする必要があります。ちなみに、最近ではその過払い金請求に関する相談なら無料で行ってくれる事務所などがあります。過払い金請求は、消費者金融などで借入と返済を行った際、利息が制限利息法の上限を上回る利率で設定されていたために、多く返済しすぎてしまった場合に可能になります。ただし、この請求には期限があります。最終の取引日より10年が経過してしまうと、時効となってしまいます。時効になってしまうと、過払い金請求をしても、お金が返還されない可能性があります。既に返済を終えている場合は、最終の支払い日が時効の起算点となりますので、注意が必要です。

合わせて読んでおきたい記事

  • 引き直し計算を無料で調査してくれる事務所
  • ↑ PAGE TOP