過払い金返還請求をする上で必要な金額・費用

過払い金請求をする上で必要な金額・費用

弁護士に過払い金請求を依頼するとき、着手金、報奨金、実費の3つの費用がかかります。 着手金は依頼が成功するしないにかかわらず依頼した時点で支払います。金額は請求する消費者金融会社1社当たり1〜2万円くらいが相場です。報奨金とはいわゆる成功報酬です。金額は回収額の10〜20%くらいが相場です。実費とは収入印紙代、郵便切手代などの裁判にかかる費用や交通通信費などです。収入印紙代は請求額によって決まっていて、100万円を請求すると1万円、200万円請求すると1万5千円となります。また、裁判の最初に約6千円分の郵便切手を納めます(裁判所や被告の数で多少変わります)。過払い金請求に必要な費用,消費者金融との取引で過払い金が発生した場合、これについて返還請求をすることができます。その際必要な費用はどのような方法をとるかによって違います。自分で相手方と交渉する場合は特に費用は発生しません。自分で訴訟を起こす、いわゆる本人訴訟の場合には、訴訟を提出する際に納付する印紙代などが必要になります。そして、司法書士や弁護士などの専門家に依頼して過払い金請求を行う場合には、依頼料が必要になります。多くの場合、事件を依頼する際に支払う着手金と手続きのための実費、そして、過払い金の返還を受けた際の報酬金が必要になります。また、法テラスなどの公益団体で過払い金請求の相談を受け付けているものもあります。これらの団体を通じて弁護士などに依頼する場合は、団体の規定に基づいた費用を支払う必要が生じます。

過払い金請求で返金される金額

消費者金融などで法外な金利で返済をし払い過ぎたお金は過払い金請求をすることができます。どれほとの金額の返金があるかと言うと、過払い分すべてが返金される可能性は極めて低いです。それは、消費者金融の倒産や過払い金請求をするにあたってかかる費用があるからです。特に倒産していると過払い金はほとんど返金されません。そうなる前に少しでも多くの金額を返金してもらうには早めに弁護士などに過払い金請求の相談することです。過払い金請求を謳う弁護士事務所が増えてきています。テレビコマーシャルにおいても、よく見かけることができます。弁護士事務所にとっても、多くの仕事の依頼に困るほどだといいます。過払い金請求とは、消費者金融やクレジット会社のキャッシングにて、払い過ぎた利息を返してもらうというものであり、その金額はかなりのものになるといわれています。一般的には、成功報酬を利用している弁護士事務所が、多いといわれています。

合わせて読んでおきたい記事

  • 引き直し計算を無料で調査してくれる事務所
  • ↑ PAGE TOP